台風14号、川に流され1人死亡 5県で7人がけが

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
強風で屋根瓦などが飛ばされた民家=和歌山県美浜町で2021年9月18日午後1時5分、本社ヘリから
強風で屋根瓦などが飛ばされた民家=和歌山県美浜町で2021年9月18日午後1時5分、本社ヘリから

 九州や近畿に上陸した台風14号の影響で、18日は西日本を中心に住宅などに被害が出た。高知県では増水した川に流されたとみられる女性が遺体で見つかった。台風は午後3時、温帯低気圧に変わったものの、低気圧や北から南下する前線の影響で関東甲信では19日明け方にかけて雷を伴う大雨が降るとみられ、気象庁が警戒を呼びかけている。

 総務省消防庁によると、18日午後7時現在、台風の影響で宮崎県で半壊1棟の被害があり、福岡、佐賀、長崎、沖縄、和歌山の5県で7人がけがをした。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文429文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集