特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

「特別な存在ではない」 広がる難民への教育支援 民間にできること

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
関西学院大で学ぶソーコーレさん=兵庫県西宮市で2021年6月16日午後3時、宮川佐知子撮影
関西学院大で学ぶソーコーレさん=兵庫県西宮市で2021年6月16日午後3時、宮川佐知子撮影

 さまざまな事情で母国を追われた難民らを対象に、大学や民間団体による教育支援が少しずつ広がっている。難民認定が厳しく、難民の受け入れが少ないとされる日本で、どう難民問題に向き合っていくべきか。奨学金を受ける学生を取材すると「特別視されたくない」と望む一方、多くの人に難民が置かれた状況を知ってほしいという複雑な心境が見えてきた。

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2179文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集