東日本大震災

黄金色の「復興米」収穫 岩手・大槌がルーツ 富田林 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災で津波に襲われた岩手県大槌町の住宅跡で見つかった稲穂をルーツとする「奇跡の復興米(大槌安渡ひとめぼれ)」が、富田林市の田んぼで黄金色の穂をつけ、刈り取りが始まった。

 大震災直後の支援から市は大槌町と交流を深めている。新型コロナウイルス対策でこの日は子どもは参加せず、地元農協の職員らで刈った。収穫した米の一部は大槌町や、熊本地…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集