連載

人生100年クラブ

人生100年時代を迎えつつある今、「長い老後」への不安が高まっています。備え方や暮らし方を探ります。

連載一覧

人生100年クラブ

ソロキャンプを始めたい 自分を把握、無理しない

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「おやじキャンプ」を楽しむ参加者=グリンヴィラ提供
「おやじキャンプ」を楽しむ参加者=グリンヴィラ提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 キャンプといえば子連れが定番だが、最近は一人で行く「ソロキャンプ」が増えつつある。シニアが参加しやすいイベントや支援制度もあり、「何歳になっても始められる」と人気だ。コロナ禍の今、大自然の中で「密」を避ける新たな楽しみを見つけるのはいかがだろう。

 茨城県北部の大子(だいご)町にある大子広域公園オートキャンプ場「グリンヴィラ」。毎年12月の第1土曜日に、全国からソロキャンパーが集まるイベントを開いている。主に男性が一人で参加する「おやじキャンプ」だ。伊藤久支配人(51)は「子どもが成長し、キャンプに来る機会を逸していたお父さんを中心に人気を呼んでいます」とPRする。

 初めて出会った参加者同士が和気あいあいと鍋をつつきながらお酒を飲んだり、テントで一人で過ごしたりと、思い思いに楽しむ。参加者は初心者から経験者までさまざま。スタートした2014年は23人だったが年々増え、19年には20~70代の120人に。最高齢は75歳だった。20年はコロナ禍で中止となったが、収束後は再開する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1454文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集