特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

岸田氏「GoTo2.0を」 野田氏「子ども債」意欲 自民総裁選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選の出馬を表明した(左から50音順)岸田文雄氏、河野太郎氏、高市早苗氏、野田聖子氏
自民党総裁選の出馬を表明した(左から50音順)岸田文雄氏、河野太郎氏、高市早苗氏、野田聖子氏

 自民党総裁選(29日投開票)に立候補した岸田文雄前政調会長(64)は19日、全国で一斉停止中の政府の旅行需要喚起策「GoToトラベル」に関し、「再開に当たってはワクチン接種証明(の提示)などと組み合わせる。より有効な対策として『GoTo2・0』を考えている」と述べた。また「どうせなら高級店、大型の施設で使おうということで、中小の旅館・業者が潤わなかったという指摘がある。中小の旅館などには(補助)率を上げる仕組みも必要だ」とも指摘した。

 観光業界関係者とのオンライン会合の後、国会内で記者団の質問に答えた。GoToトラベルは観光業界を支援するため2020年7月に始まったが、新型コロナウイルスの感染拡大で同年12月に停止され、再開のめどは立っていない。岸田氏は「ワクチン接種証明と組み合わせれば、より安心して活用してもらえる」と述べ、早期再開に意欲を示した。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文639文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集