フランス、収まらぬ怒り 潜水艦計画を豪が破棄「直前まで知らず」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ルドリアン仏外相=ドイツ東部ワイマールで2021年9月10日、AP
ルドリアン仏外相=ドイツ東部ワイマールで2021年9月10日、AP

 米英豪による新しい安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」創設に伴い、オーストラリアがフランスとの次期潜水艦開発計画を破棄したことについて、ルドリアン仏外相は18日、「(米豪の)振る舞いは同盟国内ではあり得ない。重大な危機だ」と警告した。国営テレビの番組で、米豪の駐仏大使を召還した理由について説明する中で語った。仏政府報道官によると、マクロン大統領はバイデン米大統領と近く電話協議を行う方針。仏の強い不満を伝えるとみられ、怒りは収まる気配が見えない。

 ルドリアン氏は、オーカス創設についてフランス側は「発表の1時間前まで知らなかった。事前にフランスと協議したと説明する米国の説明は事実ではない。だから、うそや軽視があると主張しているのだ」と強調。バイデン氏について、「ツイートしないトランプ」とやゆし、米国第一主義を掲げたトランプ前政権と似ているとした不満を改めて示した。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文604文字)

あわせて読みたい

注目の特集