魚は巡る、人生の支えに・転機に 京急油壺マリンパーク、30日閉館

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「いつまでも懐かしく思ってもらえたら」と語る営業部長の金子和久さん=神奈川県三浦市の京急油壺マリンパークで2021年9月14日、岩崎信道撮影
「いつまでも懐かしく思ってもらえたら」と語る営業部長の金子和久さん=神奈川県三浦市の京急油壺マリンパークで2021年9月14日、岩崎信道撮影

 京急油壺マリンパーク(神奈川県三浦市三崎町小網代)が30日、閉館する。地域密着型の水族館として親しまれ、オープンから53年間に訪れた客は延べ2400万人。450種約6000点に及ぶ飼育生物の世話にも、大勢のスタッフが関わってきた。人生の節目ごとに訪れたというリピーター、日に日に増える来場者を迎えるベテランスタッフ――。フィナーレに向けてカウントダウンが始まるなか、二つの思いをたどった。【岩崎信道】

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1381文字)

あわせて読みたい

注目の特集