実りの秋色、輝く瞬間 赤米が出穂期 総社・備中国分寺

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤米が夕日に染まり、あかね色のじゅうたんを広げたような風景が広がっている=岡山県総社市宿で2021年9月15日午後5時48分、岩本一希撮影
赤米が夕日に染まり、あかね色のじゅうたんを広げたような風景が広がっている=岡山県総社市宿で2021年9月15日午後5時48分、岩本一希撮影

 岡山県総社市上林の備中国分寺周辺の田んぼで、赤米の「紅むすめ」が出穂期を迎えた。夕暮れの時間帯になると一面真っ赤に染まり、秋の訪れを告げている。

 赤米の生産と加工・販売をしているレッドライスカンパニー(同市上原)が赤米をPRしようと2013年から栽培している。今年は6月に田植えをし、順調にいけば2…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

あわせて読みたい

注目の特集