出発進行!親子でGO 姫路で鉄道模型体験ランド

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
複雑なレールを走る車両を楽しむ子どもたち=兵庫県姫路市のアクリエひめじで2021年9月18日午後0時48分、阿部浩之撮影
複雑なレールを走る車両を楽しむ子どもたち=兵庫県姫路市のアクリエひめじで2021年9月18日午後0時48分、阿部浩之撮影

 実際の特急列車で使われた運転台を操作できる鉄道模型体験ランドが18日、兵庫県姫路市神屋町のアクリエひめじで始まり、初日から親子連れらが鉄道の臨場感を楽しんだ。25日まで。

 模型メーカーでつくる日本鉄道模型協会(東京)が今年初めて関西で開いた。北海道や秋田を走る新幹線をデザインした模型車両への乗車や、一度にたくさんの車両が周回する立体タワーなどがある。

 運転体験では、特急踊り子号で使われた運転台のレバーを操作し、スピードメーターを見ながら新幹線模型を動かせる。また模型の先頭車両に付けたカメラの映像を見ながら、ドアを開閉し発車ベルを鳴らし、アクセルレバーを動かしてジオラマの中を走らせることもでき、実際の駅ホームや街中を走っている感覚を楽しめる。

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文478文字)

あわせて読みたい

注目の特集