特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

18歳以下の75%が自宅感染 夏休み影響 9月は「学校」増加

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
脇田隆字・国立感染症研究所長=宮間俊樹撮影
脇田隆字・国立感染症研究所長=宮間俊樹撮影

 新型コロナウイルスの流行「第5波」の8~9月に感染した18歳以下の子どもの7割以上が自宅で感染していたとする分析結果を、厚生労働省がまとめた。夏休みの影響とみられ、小中学校などが再開した9月以降は15歳以下で、学校などでの感染割合が増えている。

 感染者の情報が入力されているシステム「HER―SYS(ハーシス)」を利用し、8月1日~9月13日のデータを集計した。3~18歳の感染者は計10万2759人。うち感染場所が特定できた1万5619人を分析すると、自宅での感染割合が最も高く、75・1%の1万1724人だった。保育園など福祉施設を利用する3~5歳の幼児を除き、6~18歳の児童…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文730文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集