「目黒観光検定」始めます 寺社仏閣や遺構、50問出題 受験申し込み、年末まで /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
検定の公式テキスト「目黒観光大百科」=めぐろ観光まちづくり協会提供
検定の公式テキスト「目黒観光大百科」=めぐろ観光まちづくり協会提供

 目黒区内の観光スポットをより深く楽しんでもらおうと、一般社団法人・めぐろ観光まちづくり協会(羽田伊助会長)は、「目黒観光検定」を初めて実施する。来年1月23日にオンラインで行う予定で、公式ホームページ(https://meguro-kanko.com/)で今年12月31日まで申し込みを受け付ける。区外からも申し込み可能で、受験者の定員は先着500人。受験料は3500円。

 同協会によると、試験時間は午前10時~11時半。区内の寺社仏閣や歴史的な遺構などに関する50問を出題する。問題は、同協会の事務所(同区上目黒2)や公式ホームページ上のオンラインショップで購入できる観光ガイドブック「目黒観光大百科」(1100円)から出題され、100点満点中80点以上で「合格認定証」と「特製カードホルダー」を贈る。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文511文字)

あわせて読みたい

ニュース特集