気候変動と戦う

クライメート・ポリティクス NY豪雨、低所得者直撃 違法地下室、避難できず ハリケーン「アイダ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
亡くなったアン・ラマさん(左)と息子のロブサン・ラマちゃん。妻のミングマ・シェルパさんも亡くなった=フェイスブックから
亡くなったアン・ラマさん(左)と息子のロブサン・ラマちゃん。妻のミングマ・シェルパさんも亡くなった=フェイスブックから

 熱帯低気圧になった後も米北東部で50人超の死者を出した大型ハリケーン「アイダ」。記録的な豪雨で広範囲に浸水被害が出た東部ニューヨーク(NY)市では、犠牲者のほとんどが家賃の安い地下室に暮らす低所得者だった。自宅で鉄砲水に襲われ、避難できなかったとみられている。歯止めがかからない気候変動は、格差の拡大に拍車をかける。その影響を真っ先に受けるのは貧しく弱い人たちだ。【隅俊之(ニューヨーク)、八田浩輔】

 「水が流れ込んできた」。NY市クイーンズ地区の3階建て住宅の地下室に暮らすネパール出身のミングマ・シェルパさん(48)が3階の大家に電話で助けを求めたのは1日午後9時半ごろだった。「すぐ逃げて」。大家は叫んだが、数分後に電話をかけ直すと応答はもうなかった。シェルパさんと夫のアン・ラマさん(50)、息子のロブサン・ラマちゃん(2)の3人は、濁流に沈んだ地下室で遺体で見つかった。

この記事は有料記事です。

残り1710文字(全文2101文字)

あわせて読みたい

注目の特集