歌舞伎 九月大歌舞伎 胆力感じる幸四郎=評・小玉祥子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「盛綱陣屋」。(左から)幸四郎の盛綱、丑之助の小四郎、歌六の微妙=松竹提供
「盛綱陣屋」。(左から)幸四郎の盛綱、丑之助の小四郎、歌六の微妙=松竹提供

 第1部は六世歌右衛門二十年祭と七世芝翫十年祭。最初が「お江戸みやげ」(川口松太郎作、大場正昭演出)。結城紬の行商人のお辻(芝翫)は、おゆう(勘九郎)と見た芝居の女形、阪東栄紫(七之助)に一目ぼれする。金銭に細かいお辻とおおらかなおゆうの対比がおもしろい。お辻の内にひそむ純粋さを芝翫が表現。勘九郎はお辻の恋を応援する好人物ぶりを生き生きと見せ、七之助は江戸役者の風情を感じさせた。福助が常磐津文字福で回復ぶりを見せた。東蔵、梅花、莟玉が好助演。

 次が「須磨の写絵 行平名残の巻」。端正な梅玉の在原行平としっとりとした中に激しさを見せる魁春の松風、所作の美しい児太郎の村雨の取り合わせがいい。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文738文字)

あわせて読みたい

注目の特集