連載

くらしナビ・環境

地球温暖化や野生生物との関わり、ごみ問題…。地球を守るにはどうすればいいのかを考えます。

連載一覧

くらしナビ・環境

家庭生ごみで資源循環のまち

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全国平均ではリサイクル率わずか約7%、ほとんどが燃えるごみとして処分される家庭の生ごみを、地域全体で資源として積極的に活用している自治体がある。「資源循環のまち」を掲げて、挑戦を続ける福岡県みやま市などの試みを探った。

 ●異物除き液体肥料に

 周囲を田畑に囲まれたみやま市のバイオマスセンター「ルフラン」。専用容器に入った生ごみが次々に運び込まれ、スタッフが汗だくになりながら、異物を手際よく取り除いていく。

 「異物があると機械が故障する。卵の殻などもダメです」。松尾和久・市環境衛生課長が説明してくれた。

この記事は有料記事です。

残り1792文字(全文2045文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集