NY円、109円前半 中国不動産大手の経営不安でドル売り優勢

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニューヨーク・ウォール街にある標識(AP=共同) 拡大
ニューヨーク・ウォール街にある標識(AP=共同)

 週明け20日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比60銭円高ドル安の1ドル=109円33~43銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1722~32ドル、128円21~31銭。

 中国の不動産大手、中国恒大集団の経営不安を背景に、安全資産とされる米国債が買われて米長期金利が低下したため、ドル売り円買いが優勢となった。(共同)

あわせて読みたい

注目の特集