NY株急落、614ドル安 中国不動産大手の経営悪化懸念、強まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 ニューヨーク証券取引所(AP=共同)
 ニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 週明け20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急落し、前週末比614・41ドル安の3万3970・47ドルで取引を終えた。下落したのは3営業日連続で、下げ幅は一時970ドルを超えた。中国の不動産大手、中国恒大集団の経営悪化への懸念が強まり、運用リスク回避のための売りが膨らんだ。この日の欧…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文263文字)

あわせて読みたい

注目の特集