中国・清朝所有絵図の写本発見 関東大震災で焼失 広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写本とみられる「琉球国図」の長崎。港に停泊する中国船やオランダ船、町の右側には長崎奉行所や出島、唐人屋敷が描かれている(広島県立歴史博物館「守屋寿コレクション」より)
写本とみられる「琉球国図」の長崎。港に停泊する中国船やオランダ船、町の右側には長崎奉行所や出島、唐人屋敷が描かれている(広島県立歴史博物館「守屋寿コレクション」より)

 広島県立歴史博物館(福山市西町2)が所蔵する古地図コレクション「守屋寿(ひさし)コレクション」から、中国・清朝皇帝が所有していた絵図「海洋清晏(せいあん)図」の写本が見つかった。海洋清晏図は1923年関東大震災で焼失。写本には上海から長崎に至る航路や長崎港の絵図などが描かれており、博物館は「17世紀末から18世紀初頭の日中間の交流を知る貴重な資料」としている。10月1日から開催予定の秋の企画展で公開する。【関東晋慈】

 海洋清晏図は1700年代初め、康熙帝(こうきてい)が日本の情報を得るために派遣した役人による報告書の一つと考えられている。1900年代初頭の清末期の混乱の中、日本に運ばれ、東京帝国大学図書館が所蔵していたが、1923年関東大震災で失われた。白黒画像を掲載した書籍が残っている。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文846文字)

あわせて読みたい

注目の特集