伊藤詩織さん「性的暴行」控訴審で意見陳述 判決は22年1月

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
報道陣の取材に応じる伊藤詩織さん。時折涙を浮かべた=東京都千代田区の東京高裁前で2021年9月21日、宇多川はるか撮影
報道陣の取材に応じる伊藤詩織さん。時折涙を浮かべた=東京都千代田区の東京高裁前で2021年9月21日、宇多川はるか撮影

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(32)が、性的暴行を受けたとして元TBS記者の山口敬之氏に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が21日、東京高裁(中山孝雄裁判長)で開かれ、伊藤さんは「被害者が泣き寝入りしないでよい社会になってほしい」、山口氏は「高裁は真実に向き合ってくれると信じている」とそれぞれ意見陳述した。この日で結審し、判決は2022年1月25日に…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

あわせて読みたい

注目の特集