赤ちゃんサルが1日駅長 飼育員から離れないけど「かわいい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スロープカー利用客に写真を撮られる一日駅長のはるか=長崎市で2021年9月19日午前11時48分、中山敦貴撮影
スロープカー利用客に写真を撮られる一日駅長のはるか=長崎市で2021年9月19日午前11時48分、中山敦貴撮影

 観光名所で知られる長崎市の稲佐山で運行する「長崎稲佐山スロープカー」の中腹駅で、生後3カ月のニホンザル「はるか」が一日駅長を務めた。山頂へ向かおうと駅を訪れた利用客は「かわいい」と表情を緩め、記念撮影するなどして楽しんだ。

 はるかは6月に稲佐山公園のサル舎で生まれたが、親ザルが育児放棄したため、飼…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集