名古屋入管死「ありえない」 日本に漂う余裕のなさ スリランカ出身大学教授・にしゃんたさん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「もっと『違い』を楽しんだ方がいい」と話す羽衣国際大教授のにしゃんたさん=京都市上京区で2021年8月24日、山崎一輝撮影
「もっと『違い』を楽しんだ方がいい」と話す羽衣国際大教授のにしゃんたさん=京都市上京区で2021年8月24日、山崎一輝撮影

 スリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が2021年3月、名古屋出入国在留管理局の施設で、十分な医療を受けられないまま病死した。半年がたった今も入管側の説明は不十分で、詳しい経緯は不明だ。同じスリランカ出身のタレントで羽衣国際大教授、にしゃんたさん(52)=京都市=は、入管側の問題点を指摘するとともに、日本社会に漂う「余裕のなさ」が背景にある、と言う。「多様性」や「共生」という言葉が盛んに使われるが、本当に実現できているのか。一緒に考えた。

 にしゃんたさんは、日本に暮らして33年。軽妙な語り口のにしゃんたさんだが、ウィシュマさんの話になると、雑談中の柔和な笑顔が一気に曇った。

この記事は有料記事です。

残り2111文字(全文2412文字)

あわせて読みたい

ニュース特集