特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラ柔道の応援で静岡・富士宮市民に感謝 代表監督・遠藤さん=南三陸出身 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市民の応援に感謝する東京パラリンピック柔道男子チームの遠藤義安監督(中央)=静岡県富士宮市中央町で2021年9月16日、長沢英次撮影
市民の応援に感謝する東京パラリンピック柔道男子チームの遠藤義安監督(中央)=静岡県富士宮市中央町で2021年9月16日、長沢英次撮影

 静岡県富士宮市のNPO法人・ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)が16日、東京パラリンピックで柔道の日本代表チームを応援した活動の結果報告をした。男子代表監督の遠藤義安さん(61)=仙台市在住=も訪れ、市民の応援に感謝した。

 遠藤さんは南三陸町出身。2011年の東日本大震災の後、被災地を訪れた村松代表理事と障害者支援を通じて知り合い、交流を続けてきた。

 今大会でヴィレッジネーションは市民に呼びかけて日の丸の国旗に応援メッセージを寄せ書きしてもらい、チームに贈った。この日は、毎月恒例の「十六市」でにぎわう富士宮駅前通り商店街の一角にブースを設け、選手たちの姿や寄せ書きの旗が選手村に掲げられている様子を写真で紹介した。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文489文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集