秋の交通安全運動 念願の警官「役」で啓発 元タカラジェンヌ・叶羽時さん 福知山署で一日署長 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市民に啓発グッズを渡し交通安全を呼びかける一日警察署長の叶羽時さん(右)=京都府福知山市内記の市役所前で、佐藤孝治撮影
市民に啓発グッズを渡し交通安全を呼びかける一日警察署長の叶羽時さん(右)=京都府福知山市内記の市役所前で、佐藤孝治撮影

 秋の全国交通安全運動初日の21日、元タカラジェンヌの叶羽時(かのはとき)さん(28)が福知山署の一日署長を務めた。叶羽さんは「警察官は小さな頃からのあこがれ」と話し、念願の“役”をもらって現役警官を励まし、交通安全の啓発活動にも一役買った。【佐藤孝治】

 叶羽さんは兵庫県芦屋市出身。2010年から宝塚歌劇団月組で娘役を務め、19年に退団後はセミナー講師などをしている。同署の小野孝一署長の知人を介して要請を受け、一日署長になった。朝の通常点…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集