連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

古参議員の機微な話=古賀攻

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 自民党祭りはたけなわ。不人気首相を視界から遠ざけた効果はてきめんで、野党を歯がみさせる展開だが、さる有力な古参議員は意外と浮かぬ顔をしている。

 「みんな読み違ってるんだよ。目算が狂って今の形になった」

 総裁選が今回の構図になった経緯の感想だ。事の性質上、匿名でエッセンスを紹介する。

 「岸田(文雄・前政調会長)は菅(義偉首相)が出る前提でつまらんこと(党役員任期の制限)を言った。言わなきゃ岸田の流れができていたかもしれないのに」

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1019文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集