特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

自民、党本部から河井案里氏への1億5000万円での買収否定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年参院選広島選挙区を巡る買収事件で有罪が確定した河井案里元参院議員の陣営に、自民党本部から1億5000万円が提供されていた問題について記者会見する柴山昌彦幹事長代理=東京都千代田区の同党本部で2021年9月22日午後4時25分、竹内幹撮影
2019年参院選広島選挙区を巡る買収事件で有罪が確定した河井案里元参院議員の陣営に、自民党本部から1億5000万円が提供されていた問題について記者会見する柴山昌彦幹事長代理=東京都千代田区の同党本部で2021年9月22日午後4時25分、竹内幹撮影

 自民党の柴山昌彦幹事長代理は22日、党本部で記者会見し、2019年参院選広島選挙区の買収事件を巡り、党本部が河井案里氏(47)=公職選挙法違反で有罪確定=の陣営に投入した1億5000万円に関し「1億5000万円から買収資金は出していないという報告があった」と明らかにした。

 河井克行元法相夫妻は事件について「関係者の皆さまに多大なるご迷惑をお掛けしていることを深く反省しており、おわび申し上げる」とのコメントを発表した。

 訂正報告によると、選挙前に支給された1億5000万円のうち政党助成金は1億2000万円で、機関紙発行や宣伝事業に約1億900万円が使われた。他の使途は人件費約1070万円など。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文744文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集