特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民党総裁選 「こども庁」設置巡り4候補論戦 党内討論会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
こども庁創設を目指す自民党の勉強会が主催した討論会で質問に答える(左から)河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、野田聖子幹事長代行=衆院第1議員会館で2021年9月22日午前10時45分、竹内幹撮影 拡大
こども庁創設を目指す自民党の勉強会が主催した討論会で質問に答える(左から)河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、野田聖子幹事長代行=衆院第1議員会館で2021年9月22日午前10時45分、竹内幹撮影

 自民党総裁選(29日投開票)の候補者4人は22日、党内の討論会に参加した。子育て関係の政策を担う「こども庁」の早期設置について、河野太郎行政改革担当相(58)、岸田文雄前政調会長(64)、野田聖子幹事長代行(61)が賛成と答えた一方、高市早苗前総務相(60)は賛否を明確にしなかった。

こども庁創設を目指す自民党の勉強会が主催した討論会で流された高市早苗前総務相の映像=衆院第1議員会館で2021年9月22日午前11時8分、竹内幹撮影 拡大
こども庁創設を目指す自民党の勉強会が主催した討論会で流された高市早苗前総務相の映像=衆院第1議員会館で2021年9月22日午前11時8分、竹内幹撮影

 討論会はこども庁創設を目指す同党の勉強会が主催した。高市氏は事前収録した映像で回答した。「こどもに関する予算、家族関係支出を倍増」「こども政策を所管する専任大臣を置き、強い権限を与える」という問いには、4人全員が賛同した。

 河野氏は「子どもの自殺、虐待、貧困ゼロを掲げる」と強調。岸田氏は「子どもたちの命、健康、人権を一元的にしっかり見ていく」と訴えた。野田氏は「願いは社会の中で一番弱いと言われる人たちが、いつも笑顔でいられる社会、国をつくること」と述べた。高市氏は「令和の省庁再編に挑戦する。子ども政策の推進のため、効率的かつ効果的な組織は何か検討したい」と話した。【小鍜冶孝志】

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集