イラン大統領、核合意交渉再開に意欲 国連演説で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
演説するイランのライシ大統領=AP
演説するイランのライシ大統領=AP

 イランのライシ大統領は21日、国連総会での一般討論演説(事前収録のビデオ演説)で、「(米国の)非道なすべての制裁の解除をもたらし得る有益な対話について、イランは検討している」と述べ、6月から中断している核合意正常化へ向けた米国との間接交渉の再開に前向きな姿勢を示した。

 8月に就任した反米保守強硬派のライシ師…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文341文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集