特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

米、ファイザー社製ワクチン5億回分を外国に追加提供へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ファイザー社製の新型コロナワクチン=福岡市で2021年4月15日、矢頭智剛撮影
米ファイザー社製の新型コロナワクチン=福岡市で2021年4月15日、矢頭智剛撮影

 バイデン米大統領は22日、新型コロナウイルス対策に関するオンライン首脳会議で、2022年1~9月に米ファイザー社製のワクチン5億回分を追加で外国に無償提供する方針を発表する。従来の公約分を含めると、米国が外国に提供するワクチンは計10億8000万回分に達する。バイデン氏は首脳会議で、22年9月までに途上国も含めて人口の70%のワクチン接種を完了する目標も呼びかける。

 首脳会議は国連総会一般討論演説に合わせ、バイデン氏が主催する。米政府高官によると、100カ国以上の政府、国際機関やNGOなどが参加する見通し。途上国へのワクチン提供のほか、医療用酸素や検査機器の支援策なども話し合われる。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文502文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集