特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン3回目接種、早ければ12月から 厚労省が自治体説明会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチン用の注射器=梅村直承撮影 拡大
ワクチン用の注射器=梅村直承撮影

 厚生労働省は22日、新型コロナウイルスワクチンについて自治体向けの説明会を開き、早ければ12月から3回目の追加接種ができるよう接種体制の整備を求めた。市町村は2回接種終了後、一定の期間がたった人を対象に、11月から接種券を順次発送できるよう準備する。

 厚労省は、追加接種について「2回接種完了からおおむね8カ月以上」経過した人を対象に想定している。具体的な対象者や接種開始時期は未定だが、全員が対象となる場合は、2月に先行接種した医療従事者の追加接種は12月に始まる見通し。

 自治体は2回接種から一定の期間が経過した人について、接種記録システム(VRS)や予防接種台帳で接種記録を確認し、接種券を段階的に発送する。2回接種後に別の市町村に転居した人は、追加接種の接種券の発行を申請する必要がある。【金秀蓮】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集