特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

明治安田生命、NTT東日本が初戦突破 都市対抗東京2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明治安田生命-セガサミー】五回表明治安田生命2死一、二塁、道端の左中間2点適時二塁打で一走の泉沢が生還=大田スタジアムで、2021年9月22日午後2時23分、川村咲平撮影
【明治安田生命-セガサミー】五回表明治安田生命2死一、二塁、道端の左中間2点適時二塁打で一走の泉沢が生還=大田スタジアムで、2021年9月22日午後2時23分、川村咲平撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東京2次予選は22日、大田スタジアムで第1代表決定トーナメント1回戦2試合が行われた。昨年の都市対抗で予選敗退だった明治安田生命は、本大会で4強入りしたセガサミーに10―3で完勝。NTT東日本はエスプライドに7―0で勝ち、初戦を突破した。セガサミーとエスプライドは第2代表決定トーナメントに回る。

 明治安田生命・岡村憲二監督 一回に3点を先制できて、先発の三宮が辛抱しながら試合を作ってくれた。相手の方がレベルは上だと思っていたので、自分たちは食らいつくしかなかった。打者もボール球の見極めができていて、うちの取り組んできた野球ができたことが大きい。投打のかみ合ったいい試合をしてくれた。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文458文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集