特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

明治安田生命、金星引き寄せたポテン二塁打の背景 都市対抗東京2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明治安田生命-セガサミー】3安打2打点と活躍した明治安田生命の木田=大田スタジアムで2021年9月22日午後2時46分、川村咲平撮影
【明治安田生命-セガサミー】3安打2打点と活躍した明治安田生命の木田=大田スタジアムで2021年9月22日午後2時46分、川村咲平撮影

 都市対抗野球の東京2次予選は22日、第1代表決定トーナメント1回戦が行われ、昨年の都市対抗で予選敗退だった明治安田生命が、本大会で4強入りしたセガサミーを10―3で破る金星を挙げた。明治安田生命が同点に追いつかれた直後の五回1死。3番・木田大貴の第3打席の「初球」に記者は注目した。試合後に両チームを取材すると、金星につながった理由が見えてきた。

 セガサミーは五回から横山楓が2番手でマウンドに上がり、先頭打者を全て直球の力勝負で左飛に打ち取った。次に打席に入ったのが、木田だった。

 その初球。横山が初めて投げた変化球は高めに外れた。木田はそれを見逃して確信した。「横山投手は…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1131文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集