旭川市長選 争点 衰退する市中心部 いじめ対応も課題 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
平和通買物公園沿いには駐車場などが目につく=北海道旭川市で2021年9月21日、土屋信明撮影
平和通買物公園沿いには駐車場などが目につく=北海道旭川市で2021年9月21日、土屋信明撮影

 元衆院議員秘書の今津寛介(44)=自民党道連、公明党旭川総支部、日本維新の会推薦=と元道議の笠木薫(64)=立憲民主党、国民民主党、社民党道連推薦=の無所属新人2氏による国政与野党の対決構図となった旭川市長選(26日投開票)。今津、笠木両氏が論戦を展開する、市政の主な課題を探った。【土屋信明】

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1134文字)

あわせて読みたい

ニュース特集