一筆字書道展 8回目 甲府 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
星雲大師の作品を鑑賞する人たち=甲府市北口2の県立図書館で2021年9月21日、照山哲史撮影
星雲大師の作品を鑑賞する人たち=甲府市北口2の県立図書館で2021年9月21日、照山哲史撮影

 台湾の高僧、星雲大師(95)による「一筆字書道展」(NPO法人国際ブリアー主催、毎日新聞甲府支局など後援)が、甲府市の県立図書館で開かれている。糖尿病などで目が不自由なため一気に筆を滑らせる書体が特徴で、117点が25日まで(午前10時~午後5時、25日は同3時まで)展示されている。

 臨済宗仏光山を開山した大師は、中国で生…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文332文字)

あわせて読みたい

注目の特集