西工大バドミントン部 3企業とスポンサー契約 強豪校に急成長、インカレで健闘誓う /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スポンサー企業のロゴ入りウエアを着た壇主将(中央)ら、インカレに出場する3選手
スポンサー企業のロゴ入りウエアを着た壇主将(中央)ら、インカレに出場する3選手

 西日本工業大(苅田町)のバドミントン部が、IT関連企業など3社とスポンサー契約を結んだ。同部監督の井上翼・工学部准教授(39)によると、国内の大学バドミントン部で複数企業がスポンサーになるのは初めての例という。部員たちは各企業のロゴ入りのウエアを着て、10月の全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ)に臨む。【松本昌樹】

 スポンサー契約は、白月工業(名古屋市)▽ソフトウェアサービス(東京都千代田区)▽明幸フォーラム(同)――と締結。各社は選手のウエア提供などで活動をサポートするほか、井上准教授のスポーツ科学やICT(情報通信技術)研究を資金面で支援する。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集