連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

みずほ障害、国介入 再発防止へ業務改善命令 穴だらけ、人材も不足

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金融庁の業務改善命令の主な内容
金融庁の業務改善命令の主な内容

 金融庁は22日、システム障害を相次いで起こしたみずほ銀行と親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)に対し業務改善命令を出した。みずほ銀が計画するシステムの機器更新や保守作業について、その必要性や緊急性、障害発生などのリスクを再検証して、見直すよう求めた。金融庁がみずほのシステム運営を細かく管理・監督する内容で、異例の行政処分となった。

 みずほのシステム障害は2月から3月にかけて、現金自動受払機(ATM)にキャッシュカードが取り込まれるなどの事態が4回発生。みずほは再発防止策を発表したが、その後も3回システム障害を起こした。

この記事は有料記事です。

残り2475文字(全文2742文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集