点字毎日 文科省の概算要求 小学高学年に教科担任 今年度比11.7%増、5兆9161億円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文部科学省は2022年度予算の概算要求で、今年度当初予算より11・7%増の5兆9161億円を要求した。学習内容が高度になる小学5、6年生で22年度から本格的に導入する教科担任制について、初年度は教員を2000人を増やす。また、小学校3年生の学級編成を35人に引き下げるための予算を確保した。

 教員による児童生徒へのわいせつ行為防止に向けた新しい法律が成立したことを受け、過去のわいせつ行為で教員免許を失効した人の情報を、教育委員会などが即時に閲覧できるデータベースを国が構築するために1億5000万円を盛り込んだ。

 小中学生に1人1台の情報端末と高速通信ネットワークを一体的に整備する「GIGAスクール構想」が進む中、端末を家庭に持ち帰った時や故障時のトラブルに対応する「運営支援センター」を各自治体が新たに整備できるよう、64億円を見込んだ。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文848文字)

あわせて読みたい

注目の特集