特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで39.7度の6歳も…往診医が見た自宅療養者の不安や現状

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性患者の血中酸素飽和度を測る笠松大悟医師=大阪府内で9月9日、ファストドクター提供(画像の一部を加工しています)
女性患者の血中酸素飽和度を測る笠松大悟医師=大阪府内で9月9日、ファストドクター提供(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの感染「第5波」で、大阪府内の自宅療養者は今月上旬に過去最多となる1万8000人以上に達した。医療体制の逼迫(ひっぱく)で入院や宿泊療養がかなわず、適切な医療が受けられないケースも相次いだ。自宅療養者の訪問診療を請け負う民間企業「ファストドクター」(東京都新宿区)のスタッフに同行すると、患者や家族が不安の中、医師らの到着を待ちわびていた。

この記事は有料記事です。

残り2573文字(全文2753文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集