特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

日本製鉄東海REXとJR東海が勝利 都市対抗東海2次予選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本製鉄東海REX-王子】一回裏王子1死二、三塁、神鳥が犠飛を決め先制=愛知県の岡崎市民球場で2021年9月23日午前10時11分、森野俊撮影
【日本製鉄東海REX-王子】一回裏王子1死二、三塁、神鳥が犠飛を決め先制=愛知県の岡崎市民球場で2021年9月23日午前10時11分、森野俊撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)東海2次予選は23日、愛知・岡崎市民球場で第3代表決定トーナメント2回戦2試合が行われ、日本製鉄東海REXが5―3で王子を降し、JR東海は4―2で東海理化に競り勝った。敗れた王子と東海理化は第6代表決定トーナメントに回る。【森野俊、岸本悠】

 日本製鉄東海REXは二回、平野の適時打で同点とし、三回に金子の適時打で勝ち越し。その後も小刻みに加点し、4投手の継投で逃げ切った。王子は七回に細川の2点適時打で反撃したが及ばなかった。

 JR東海は一回に中田の適時打で先制し、二回に武上が2点適時二塁打を放ちリードを広げ、七回にも加点した。東海理化は五回に米満の適時二塁打などで1点差としたが、あと1本が出なかった。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文655文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集