連載

東北のキラ星たち

全国には、豊かな才能を秘めたたくさんの子どもたちがいる。そんな「キラ星」たちを東北各地の記者が訪ねます。

連載一覧

東北のキラ星たち

「伴奏者」の姿、追求 三味線 谷藤翔太さん(秋田県東成瀬村・中3) /岩手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
演奏中の谷藤翔太さん=秋田県東成瀬村で2021年7月26日、高野裕士撮影
演奏中の谷藤翔太さん=秋田県東成瀬村で2021年7月26日、高野裕士撮影

 奥羽山脈に近く豊かな自然が残る秋田県東南端の東成瀬村。民謡が盛んなこの村で、東成瀬中3年の谷藤翔太さん(14)は三味線奏者として腕を磨いてきた。今年5月に青森県で開かれた「津軽三味線世界大会」では、ジュニアC級(15歳以下)で優勝。年齢制限のない唄付伴奏B級(主に初級者向け)でも準優勝し、民謡界の将来を担う存在だ。

 演奏中は、度々両目を静かに閉じる。3本の弦が奏でる一つ一つの音色に耳を澄ませるかのようだ。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文878文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集