温泉旅館で防災学ぶ ミニEXPO30日に 展示コーナーや講習会 いかほ秀水園 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「みんなで考えるミニ防災EXPO」を開く「いかほ秀水園」の女将、飯野由希子さん=群馬県渋川市伊香保町で2021年9月19日、増田勝彦撮影
「みんなで考えるミニ防災EXPO」を開く「いかほ秀水園」の女将、飯野由希子さん=群馬県渋川市伊香保町で2021年9月19日、増田勝彦撮影

「借り上げ福祉避難所推進施設」認証第1号

 伊香保温泉(渋川市)の旅館「いかほ秀水園」は30日、「みんなで考えるミニ防災EXPO」を開く。秀水園は昨年9月、一般社団法人「日本環境保健機構」から、国内で初めて災害時にさまざまな配慮が必要な人たちの一時避難所になる「借り上げ福祉避難所(宿泊施設避難所)推進施設」の認証を受けている。認証から1年を機に、多くの人に防災を考えるきっかけにしてほしいと企画した。【増田勝彦】

 ミニEXPOは正午~午後5時、同旅館で。展示(無料)と、体験型講習会(有料)の2コーナーを設ける。展示コーナーは、避難所での感染病予防、睡眠など、より良い生活環境を確保できるグッズなどを企業や関係団体が出展する。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文882文字)

あわせて読みたい

注目の特集