使った筆、感謝の供養 全国から6000本、浄火に 熊野 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
使い終わった筆を浄火へ投じる子どもたち=広島県熊野町中溝5の榊山神社で、根本佳奈撮影
使い終わった筆を浄火へ投じる子どもたち=広島県熊野町中溝5の榊山神社で、根本佳奈撮影

 全国一の筆生産量を誇る熊野町で23日、使い終わった筆に感謝を示す「筆供養」があった。商工会や地域の子ども、伝統工芸士の代表など約50人が出席。全国の学校や書道教室などから集まった熊野筆約6000本を供養した。

 筆供養は、産業の礎を築いた先祖や毛の原料である動物たちに感謝し、書道の上達を願うもの。筆まつり実行委員会の世木田優委員長(56)が焼納場に点火すると、瞬く間に大きな炎が上がった。快晴の下、出席者らは順に一礼し、役目を終えた筆…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

ニュース特集