「幻の夢の城」名護屋で秀吉気分 女優の村井美樹さん「綺羅、星の如く」展記念トーク 屏風に華やかな文化発見 /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
企画展「綺羅、星の如く」で「肥前名護屋城図屏風」を鑑賞し「人々が生き生きと描かれ、にぎやかで文化的に暮らしていたことが垣間見える」と語る村井さん
企画展「綺羅、星の如く」で「肥前名護屋城図屏風」を鑑賞し「人々が生き生きと描かれ、にぎやかで文化的に暮らしていたことが垣間見える」と語る村井さん

 県立名護屋城博物館(唐津市鎮西町)は、豊臣秀吉の文禄・慶長の役(1592~98年)の朝鮮出兵拠点「名護屋城」に集結した大名・武将を紹介する企画展「綺羅(きら)、星の如(ごと)く」開催を記念し、女優の村井美樹さんを招いてトークショーを開いた。【峰下喜之】

 「城好きタレント」として歴史番組にも多数出演する村井さん。約120人を前に、天下人・秀吉に思いをはせ「幻の夢の城」名護屋城の魅力を語った。

 青く広がる玄界灘を望み「壱岐まで見えてうれしかった。秀吉が見た風景って、こんなだったのかな」。村井さんは台風一過の18日、トークショー前に石垣が残る城跡を初めて訪れ、五層の天守がそびえていた天守台などを見て回った。前日には、企画展を鑑賞していた。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文753文字)

あわせて読みたい

注目の特集