北朝鮮の外務次官 朝鮮戦争の「終戦宣言」に否定的見解

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮の国旗=ゲッティ 拡大
北朝鮮の国旗=ゲッティ

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が21日の国連総会一般討論演説で朝鮮戦争(1950~53年)の「終戦宣言」の実現を目指す考えを示したことについて、北朝鮮のリ・テソン外務次官は23日付の談話で、「まだ終戦を宣言する時ではない」と否定的な見解を示した。国営の朝鮮中央通信が24日、報じた。

 リ氏は米国による大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験や、韓国のミサイル開発制限の指針を撤廃することで米韓が合意したことなどを例示しながら、「米国の敵視政策が変わらない限り、終戦を100回宣言しても変わることは一つもない」と指摘。「終戦宣言は虚像に過ぎず、現時点では朝鮮半島の情勢安定に全く役に立たない」と主張した。【ソウル渋江千春】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集