NYで日露外相が会談 北方領土の税優遇措置導入に「容認できず」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
茂木敏充外相
茂木敏充外相

 米ニューヨークを訪問中の茂木敏充外相は23日(日本時間24日)、ロシアのラブロフ外相と約30分間会談した。茂木氏は、プーチン大統領が北方領土全域に対する新たな税優遇措置の導入を表明したことに対し、ロシア法令を前提とした措置は容認できないとする日本側の立場を伝えた。

 両外相が対面で会談するのは2020年2月のミュンヘン安全保障会議以来。北方領土で日露が進める共同経済活動を巡り、茂木氏は「両…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集