日韓外相が会談 徴用工などの歴史問題 議論は平行線のまま

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
茂木敏充外相 拡大
茂木敏充外相

 米ニューヨークを訪問中の茂木敏充外相は23日午前(日本時間同日深夜)、韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)外相と約50分間会談した。日韓関係を冷え込ませている徴用工や慰安婦などの歴史問題をめぐり、茂木氏は韓国が対応すべきだとの日本の一貫した立場を伝達。鄭氏との議論は平行線に終わった模様だ。

 韓国外務省によると、鄭氏は日本による対韓輸出規制強化措置について早期撤回を要求。これに対して茂木氏は日本の立場を説明した。

 一方、両外相は北朝鮮の完全な非核化に向けては引き続き緊密に連携していく方針を確認した。茂木氏は会談で「北朝鮮による最近の核・ミサイル活動は、日本、地域、国際社会の平和と安全を脅かすものだ」と強調した。両外相は日韓関係の健全化に向けて、外交当局間の協議などを通じた意思疎通を加速させることでも一致した。

 今回の日韓外相会談は、5月の英国での主要7カ国(G7)外相会合に合わせた会談以来、4カ月半ぶり。この時の会談時間は約20分だったが、今回は大幅に増えた。茂木氏は会談後のオンライン記者会見で「前回よりも率直で、突っ込んだ意見交換ができた」と述べた。【宮島寛、ソウル坂口裕彦】

あわせて読みたい

注目の特集