連載

デジタルを問う 欧州からの報告

欧州では人権や民主主義の視点でデジタルテクノロジーのあり方を問い直す動きがあります。現場から報告します。

連載一覧

デジタルを問う 欧州からの報告

日本研究者ウォルフレン氏はなぜ「陰謀論」を唱え始めたのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年5月に投稿されたユーチューブ番組に出演するカレル・バン・ウォルフレン氏。新型コロナウイルスの危険性は低く、「人為的に恐怖の風潮が作られている」などと語った=ユーチューブより
2020年5月に投稿されたユーチューブ番組に出演するカレル・バン・ウォルフレン氏。新型コロナウイルスの危険性は低く、「人為的に恐怖の風潮が作られている」などと語った=ユーチューブより

 「新型コロナウイルスに感染しても多くは症状がない。(本当は危険ではないのに)人為的に恐怖の風潮が作られている」「(米マイクロソフト共同創業者のビル・)ゲイツはワクチンで我々に微粒子を注入し、全世界の70億人を監視するつもりだ」――。

 ユーチューブの動画に映る一人の老紳士。厳しい表情でそうまくし立てる。発言は荒唐無稽(むけい)な「陰謀論」にしか聞こえない。だが彼は、これまで日本研究などで世界的に評価されてきた著名なオランダ人ジャーナリストだ。

 カレル・バン・ウォルフレン氏(80)。オランダ日刊紙で東アジア特派員を務め、1989年に発表した「日本/権力構造の謎」、94年刊行の「人間を幸福にしない日本というシステム」はベストセラーとなった。官僚支配などを指摘した日本論は広く支持され、アムステルダム大名誉教授としても活動してきた。

 ウォルフレン氏が新型コロナに関する奇妙な言説を唱えだしたのは、世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的大流行)を宣言した2020年3月ごろだ。ユーチューブの動画番組などで政府の規制やワクチン接種に対する懐疑論を展開。インターネット上だけでなく、…

この記事は有料記事です。

残り3217文字(全文3709文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集