特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

愛知リコール署名偽造の初公判 事務局長らは認否留保 名古屋地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「愛知100万人リコールの会」事務局長、田中孝博被告らの初公判の傍聴券を求めて並ぶ人たち=名古屋地裁で2021年9月24日午前8時59分、兵藤公治撮影
「愛知100万人リコールの会」事務局長、田中孝博被告らの初公判の傍聴券を求めて並ぶ人たち=名古屋地裁で2021年9月24日午前8時59分、兵藤公治撮影

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、地方自治法違反(署名偽造)の罪に問われた署名活動団体「愛知100万人リコールの会」事務局長、田中孝博(60)と、次男で塗装工、雅人(29)両被告の初公判が24日、名古屋地裁(板津正道裁判長)であった。

 起訴内容の認否で田中被告は「弁護人から説明してもらいます」と述べ、弁護人の弁護士は「公判準備中のため」として認否を留保した。雅人被告も弁護士が答える形で「客観的事実については争わない」とする一方、「共謀共犯、構成要件などについては留保する」と述べた。

 起訴状によると、田中被告らは2020年10月下旬、佐賀市内でアルバイト3人に、愛知県内の有権者71人分の署名を代筆させたとされる。

 この日の裁判を傍聴しようと、名古屋地裁前では開廷前から多くの人が列を作った。名古屋地裁によると、用意された38の傍聴席に対し、傍聴希望者は306人に上り、抽選が行われた。【道永竜命】

【愛知リコール不正】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集