警視庁の初代「防犯広報大使」に小泉孝太郎さん 若者へ浸透狙う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
警視庁の初代「防犯広報大使」に任命された小泉孝太郎さん(左)と青山彩子・生活安全部長=東京都千代田区の警視庁本部で2021年9月24日、柿崎誠撮影 拡大
警視庁の初代「防犯広報大使」に任命された小泉孝太郎さん(左)と青山彩子・生活安全部長=東京都千代田区の警視庁本部で2021年9月24日、柿崎誠撮影

 警視庁は24日、全国地域安全運動(10月11~20日)を前に、防犯対策を広く呼びかける初代の「防犯広報大使」に、俳優の小泉孝太郎さん(43)を任命した。幅広い世代に認知度が高い小泉さんをポスターや動画に起用することで、若者や子育て世代にも防犯への意識を高めてもらうのが狙い。

 この日、委嘱状を受け取った小泉さんは「一番大事なのは一人一人の意識。自分が暮らす町の安全を守っていくという気持ちにつながるよう活動し、プライベートでも宣伝したい」と話した。小泉さんと現役警察官が出演する広報動画は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の同庁公式チャンネルなどで配信され、地域の犯罪発生状況を確認できる同庁のアプリ「Digi Police」(デジポリス)が紹介されている。

 同庁の青山彩子生活安全部長は「小泉さんには広くアプリの活用も呼びかけてもらいたい」と話した。【柿崎誠】

あわせて読みたい

注目の特集