台湾のTPP加入申請 加藤官房長官が歓迎「協定上可能」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する加藤官房長官=首相官邸で24日午前
記者会見する加藤官房長官=首相官邸で24日午前

 加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、台湾の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への加入申請について、「協定上は新規加盟の対象は国または独立の関税地域と規定している。台湾によるTPPへの加盟は協定上可能と認識している」と述べた。

 また西村康稔経済再生担当相は24日の閣議後記者会見で、英国のTPP加入を巡る第1回作業部会をオンライン形式で28日に開催すると発表した。英国の加入に向け、交渉が本格化することになる。

 加藤氏は台湾の申請を歓迎した上で「高いレベルのルールをしっかりと満たす用意があるのかどうか、しっかりと見極めたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文618文字)

あわせて読みたい

注目の特集