特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン3回目、職域接種はない見通し 河野氏「原則自治体で」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスワクチンの職域接種=東京都港区で2021年6月21日、手塚耕一郎撮影 拡大
新型コロナウイルスワクチンの職域接種=東京都港区で2021年6月21日、手塚耕一郎撮影

 河野太郎行政改革担当相は24日の記者会見で、年明けから本格化する新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、原則として企業などでの職域接種はしないとの見通しを示した。職域接種で1~2回目を受けた人について「原則、自治体でということになるのかと思う」と述べた。

 河野氏は会見で、接種記録システム(VRS)をもとにした年代別の接種率(22日時点)も公表した。全年代を通じ、1回以上接種した人の割合は67%。年代別で見ると65歳以上が90%と高く、12~19歳は37%と最も低かった。20代は47%、30代は51%だった。

 河野氏は「若い世代でも順調に伸びてきている。(12歳以上の人口の)88%を目標値として、実現できるように頑張っていきたい」と語った。【堀和彦】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集