特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

北海道、飲食店の第三者認証制度導入へ 札幌は受け付け開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道庁=石川直人撮影
北海道庁=石川直人撮影

 北海道の鈴木直道知事は24日の道議会本会議で、新型コロナウイルス感染対策の基準を満たした飲食店に自治体が安全性の認証を与える「第三者認証制度」を全道を対象に導入すると表明した。換気の徹底など28項目を満たした飲食店は、まん延防止等重点措置など一定の制約がある中でも営業時間や酒類提供の制限が緩和される。札幌市では24日に申請の受け付けを開始し、早ければ10月上旬にも認証制度の下で営業が可能となる。

 道の認証制度は、席間の距離を最低1メートル以上確保▽滞在時間の制限(約2時間を目安)▽従業員は休憩時もマスク着用▽30分に1回5分程度の換気――など28項目の基準を設け、外部の委託業者が基準を満たしているかを現地で審査し、認証書を交付する。認証後も一定の頻度で抜き打ち検査を実施し、対策に不備があれば認証が取り消される場合もある。

この記事は有料記事です。

残り1510文字(全文1876文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集